Archives
竹田松明まつり

高さ6メートルに及ぶ2基の大松明に火を灯し、火事災難の無事を祈る火祭りで、江戸中期に竹田地区を襲った大火災の後、
再びこのような災難にあわないようにとの願いを込めて、愛宕神社に大松明を奉納したことがこの祭りの起源といわれています。
料金無料。

時  間:20:00~
アクセス:JR山陰本線・JR播但線「竹田」駅より徒歩で約10分
北近畿豊岡自動車道 和田山ICより車で約10分
駐 車 場:有(無料)

朝来市ふるさと旅行券を販売します

朝来市では市内の観光産業の再活性化に向け、市内の宿泊施設で「お得」に泊まれる「朝来市ふるさと旅行券」を販売します。国のGO TOキャンペーンと組み合わせると、最大で67%オフのお値段で泊まることができます。

この機会に、今まで泊まってみたいと思っていた憧れのお宿でのんびりと宿泊したり、ご家族を呼び寄せて一緒に市内の観光地を巡ってみませんか。

近畿(滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県)と鳥取県 岡山県 徳島県に在住の方、限定!

 

朝来市ふるさと旅行券チラシ

asago_furusato_ryokouken(PDFファイルが開きます)

【内容】:2,000円分の旅行券を1,000円(50%OFF)で発売します。ご利用はお一人1 泊あたり最大10,000 円分(5 枚)まで使用でき、国のGoTo キャンペーンとの併用も可能です。
【販売期間】:令和2年9月11日(金)~令和3年1月11日(月・祝)
【利用期間】:令和2年9月18日(金)~令和3年1月11日(月・祝)
【販売枚数】:15,000枚(売り切れた時点で終了)
【旅行券に関するお問い合わせ】:朝来市役所産業振興部観光交流課
電話 079-672-4003

 

*旅行券に関しては、いくつかの条件やご宿泊対象施設がありますので、よくご確認の上ご購入下さい。

「あさごふるさと旅行券」に関する詳しい説明は、朝来市役所ホームページ、またはあさぶらをご覧ください。

寺内ざんざか踊り

山王神社において、毎年7月の第3日曜日、子孫の繁栄と五穀豊穣・天下泰平を記念し、奉納される太鼓踊りです。
県の指定無形文化財に指定されており、踊り手は茶褐色に水玉模様の山王神社の使者であるサルの装いで、
腰の太鼓を叩きながら輪になって踊ります。料金無料。

時  間:13:30~
アクセス:JR山陰本線・JR播但線「和田山」駅よりタクシーで約10分

旧木村酒造場EN

約400年の歴史をもつ酒屋をリノベーションした複合観光施設。観光案内所、レストラン、カフェ、宿泊施設などのほか、竹田城跡の石垣を原寸大で紹介したジオラマや、竹田城の歴史を大画面で上映するビデオコーナーもある。

口銀谷銀山町ミュージアムセンター

昭和初期の和風建築と大正期のタイル貼り洋館が独特の雰囲気を醸し出している。洋館を含む東側の建物は、播但鉄道の祖である浅田家の分家として建てられ、西側の町屋は吉川家の分家として建てられた。蔵はギャラリーとして活用されている。

生野まちづくり工房井筒屋

江戸時代に公用で生野代官所を訪れた際に宿泊が必要となったときの「郷宿」。江戸からの巡見使など要人が泊まった記録が残っている。現在はギャラリーや住民の交流の場のほか、観光客の憩いの場としても活用され、昔の史料やおもちゃなど貴重な品々を展示。

旧生野鉱山職員宿舎・志村喬記念館

官営生野鉱山に勤務していた官吏の旧宿舎。生野に現存する職員住宅の中でも最も古く、日本近代の生活様式を残す貴重な遺構。名優・志村喬は旧生野町出身であり、生家も「甲社宅」のうちの1棟だった。志村喬記念館としてゆかりの品々を展示している。

神子畑選鉱場跡

明治11年の鉱脈再発見により、生野鉱山の支山として稼働。大正6年に閉山したが、その後、明延鉱山で採鉱された鉱石の選鉱場になり、最盛期には東洋一の規模を誇った。インクラインやシックナーなどを見ることができる。選鉱場前にあるムーセ旧居は土日祝日のみ一般公開されている。

神子畑鋳鉄橋

神子畑川に架けられた道路橋で、神子畑鉱山で採掘された鉱石を生野の精錬所へ運ぶ運搬路に建設された鋳鉄橋。鋳鉄橋とは鋳物で造られた橋のことで、全国的にも珍しい橋。美しく組まれたらん干やたて格子の横材には、日本的な特徴が見られる。

朝来市特産品等購入促進事業「あさご おみやげ得々券」参画店舗の募集について

朝来市観光協会では、コロナ感染症収束後の観光需要の活性化を図るため、特産品、土産物1000円購入毎に200円の商品券を進呈する「朝来市特産品等購入促進事業」を実施するにあたり、その商品券を取り扱う参画店舗を下記の通り募集します。

 

◆応募期間:令和2年7月8日(水)~7月15日(水)17時必着

◆応募資格:主に朝来市を訪問する旅行者を対象に、「特産品、土産物」を販売する店舗であること

◆応募内容:朝来市HPの「参画店舗応募要領」をご覧ください。

https://www.city.asago.hyogo.jp/0000008906.html

◆提出先:朝来市観光協会 本部事務局