浜坂から余部にかけての海岸は但馬御火浦(みほのうら)と呼ばれ、国の名勝、天然記念物に指定されている美しい海岸です。この一帯は、昔ここで起きた火山活動の様子や海食地形などを遊覧船で間近に観察することができます。

2019年5月11日〜7月15日の土日祝

☆湯村温泉発着の周遊バスです。浜坂駅でJRに接続します。
☆遊覧船で山陰海岸ジオパークを体感!
☆余部橋梁を列車で渡ることも可能です。
☆香住駅で途中下車可能です。

印の停留所で乗車可能、印の停留所で降車可能


※ジオパーク号は全但バス湯村営業所から出発します。

【公共交通機関との接続(行き)】
JR浜坂駅 (鳥取方面)普通 8:58着、(豊岡方面)快速 8:50着
JR香住駅 (豊岡方面)普通 12:30着

【公共交通機関との接続(帰り)】
JR香住駅 (大阪方面)はまかぜ4号 13:48発
JR浜坂駅 (鳥取方面)山陰海岸ジオライナー[運転日注意] 15:35発または普通 16:03発、(大阪方面)普通 16:18発 → 香住駅ではまかぜ6号に接続
湯村温泉 (大阪方面)全但特急バス 15:45発

【たじまわるチケット提示の特典】

◎夢千代館、リフレッシュパークゆむら→入館料10%割引
◎栃泉→お土産品5%割引(一部商品を除く)
◎大乗寺→内拝料 800円▶️700円
◎湯村温泉観光協会→「隠れハートを探せ」参加者に記念品贈呈
◎山陰海岸ジオパーク館→浜坂海岸の石ころや砂、貝殻プレゼント

湯村温泉

湯村マップ
湯村マップ

温泉街の中心にある荒湯は98°Cの高温の源泉が湧き出ていて、湯つぼでの茹で玉子は湯村温泉の風物詩となっています。まち歩きも楽しいところですから湯村温泉に帰って来てから時間があれば歩いてみてください。

湯村温泉
湯村温泉
Yumuraモニュメント
Yumuraモニュメント

但馬海岸遊覧船(山陰海岸ジオパーク館)

但馬海岸遊覧船
但馬海岸遊覧船
下荒洞門
遊覧船で雄大な海岸地形を間近に楽しめます。波が穏やかな日は、洞門の中を遊覧船で通過できます。

下荒洞門
下荒洞門


山陰海岸ジオパーク館
山陰海岸ジオパーク館は、ジオパークを知ってもらうための拠点施設で遊覧船とあわせて見学するとジオパークへの理解がより深まります。

山陰海岸ジオパーク館
山陰海岸ジオパーク館

余部鉄橋「空の駅」

余部鉄橋「空の駅」
余部鉄橋「空の駅」

架け替えられた余部橋梁。旧鉄橋の一部が展望台「空の駅」となっています。エレベーター(余部クリスタルタワー)が設置され楽に地上40mの絶景を楽しめるようになりました。

車窓からの高さを体感
「空の駅」見学後、JR餘部(あまるべ)駅から上り列車でJR香住駅まで。香住駅から”たじまわる”に再乗車します。

《道の駅あまるべ 11:40着》→《「空の駅」見学》→《列車移動/JR餘部駅 12:20発 → JR香住駅 12:31着》→《JR香住駅 12:45発(たじまわる再乗車)》
※列車で移動される場合は、ガイドさんにお知らせください。
※鎧駅で降りないように注意してください。

高野山真言宗 亀居山 大乗寺

大乗寺
大乗寺

円山応挙とその弟子達による165面の障壁画が描かれ別名「応挙寺」と呼ばれています。

香住鶴

香住鶴
香住鶴

香住鶴(株)は、地元の食材である松葉ガニや魚介類、但馬牛等に合う旨い酒づくりを目指して、但馬流「生酛造り」、「山廃仕込み」で日本酒を醸造しています。バスの旅ならではの楽しみとして「試飲コーナー」で市販酒から季節限定商品、オリジナル酒などの試飲ができます。

遊覧船が欠航した場合

浜坂マップ
浜坂マップ
◇山陰海岸ジオパーク館見学
ジオパークに関する資料展示や体験学習などを行なっています。山陰海岸ジオパークを紹介する映像が楽しめます。

◇あじわら小径の散策
加藤文太郎記念図書館から約500mの遊歩道が味原川沿いに整備されています。かつての繁栄を偲ばせる旧家の石垣が並ぶ静かな散策道です。

◇新鮮な魚介類を見学、買物
遊覧船乗り場の近くには、魚介類を販売している大型店舗が並んでいます。日本海で揚がった新鮮な魚介類や加工品はお土産にぴったりだと思います。

◇矢城ケ鼻灯台散策
浜坂湾の西側にある矢城ケ鼻灯台までは遊歩道が整備されています。日本海を一眸できます。

あじわら小径
あじわら小径
矢城ケ鼻灯台
矢城ケ鼻灯台


〔ご注意〕
道の駅あまるべのレストランは、昼食時に混雑することがあります。手軽に食べられるテイクアウトできる地元産品を使った商品を紹介します。

道の駅あまるべ(ととカツバーガー)
道の駅あまるべ(ととカツバーガー)
道の駅山陰海岸ジオパーク浜坂の郷(ミンチカツ)
道の駅山陰海岸ジオパーク浜坂の郷(ミンチカツ)
道の駅山陰海岸ジオパーク浜坂の郷(ライスコロッケ 但馬牛)
道の駅山陰海岸ジオパーク浜坂の郷(ライスコロッケ 但馬牛)


山陰海岸ジオパークロゴ

山陰海岸ジオパーク

ジオパークとは科学的にみて特別に重要で貴重な、あるいは美しい地球活動遺産を複数含む自然公園のひとつです。貴重な地質遺産を教育、観光、産業などに活用することによる地域の活性化を目的としています。山陰海岸ジオパークのエリアは、京都府経ヶ岬~鳥取県青谷町までの東西120km、南北30kmの3府県にまたがる広いエリアです。2010年に世界ジオパークネットワーク(GGN)に加盟認定されました。山陰海岸ジオパークには、日本列島がアジア大陸の一部だった頃から日本海が形成され、現在に至るまでの多様な地質や地形が存在しています。そしてそれらがもたらす多彩な自然を背景にした人々の文化や歴史があります。