兵庫県豊岡市・養父市・朝来市・香美町・新温泉町
ENGLISH 文字サイズ:

2019年6月、10月19日〜11月10日の土日祝

☆気候の良い初夏と秋に運行
☆全但路線バスを使って、但馬大仏のある長楽寺の見学もできます。
☆木の殿堂から大カツラのある自然とのふれあいの森をゆっくり散策できます。

印の停留所で乗車可能、印の停留所で降車可能


【公共交通機関との接続(行き)】
JR豊岡駅 (大阪、京都方面)きのさき1号 9:42着
【公共交通機関との接続(帰り)】
JR江原駅 (大阪、京都方面)きのさき20号 16:50発、(姫路方面)はまかぜ6号 17:38発、(福知山方面)普通 17:46発

【たじまわるチケット提示の特典】

◎道の駅村岡ファームガーデン→レストランお食事代10%割引

道の駅村岡ファームガーデン

道の駅村岡ファームガーデン
道の駅村岡ファームガーデン

地元の特産品の販売や但馬牛料理の楽しめるレストランがあります。

猿尾滝

猿尾滝
猿尾滝

四季の表情豊かな落差60mの滝。岩肌には、自然にできた数多くの石仏が確認できます。春は新緑の滝、夏は納涼の滝、秋は紅葉の滝、冬は氷壁の滝と四季の風情が楽しめます。

木の殿堂

木の殿堂
木の殿堂

安藤忠雄氏設計のもと「森と海と太陽」をテーマに建設されました。企画展示や木工クラフト体験なども行っています。周辺には、散策路も整備され森林浴も楽しめます。

うわの自然とふれあいの森コース(移動時間約90分約4.7km)
《木の殿堂バス停 11:55着》→《交流の森》→《兎和野の大カツラ》→《フィールドアスレチック》→《森の工作館》→《木の殿堂展望棟》→《木の殿堂》→《木の殿堂バス停 14:55発》

たじま高原植物園

たじま高原植物園
たじま高原植物園

但馬の自然を演出した植物園です。四季の織りなす、自然の息吹を感じられる癒しの森です。併設のレストランでは、但馬牛料理も楽しめます。自然に囲まれた森のバーベキューが楽しめるツリーハウスレストランも人気です。
(要予約)0796-96-1187

道の駅村岡ファームガーデンから

但馬大仏(長楽寺)見学
但馬大仏(長楽寺)見学

道の駅村岡ファームガーデンから一足伸ばして但馬大仏のある長楽寺まで行ってみませんか。
早めの昼食をとって八鹿方面に徒歩2分の所にある全但バス大糠バス停から出発。秋岡行12:02のバスに乗車、峠口で下車。射添小学校の横を通り過ぎ、しばらく歩くと参道に出ます。参道は舗装されていますが、坂道で距離が長いので途中から旧参道(コンクリート製の階段になっています)を登れば距離と時間を短縮できます。
バス停から徒歩25分ほどで長楽寺に到着です。巨大な仁王様が出迎えてくれます。大仏殿には15mを超える阿弥陀如来像、釈迦如来像、薬師如来像の木像三大仏が安置されています。
帰りは峠口バス停14:15発のバスに乗車。14:23大糠着で帰ってきます。

既存バス路線を利用して但馬大仏のある長楽寺見学
《大糠(全但バス)12:02発》→《峠口 12:15》→《徒歩約25分》→《長楽寺見学(約1:10)》→《徒歩約25分》→《峠口 14:15》→《大糠 14:26着》

長楽寺旧参道
長楽寺旧参道
階段ですがこちらが近道
長楽寺
長楽寺

山名氏縁の地「村岡」散策
山名氏縁の地「村岡」散策

道の駅村岡ファームガーデンから北に約1kmの所に江戸時代初期に山名氏が陣屋を構えていた村岡の町があります。
レストランで但馬牛を満喫したら腹ごなしに散策に出かけませんか。交通量の多い国道を避けて田園風景の広がるのどかな田舎道の散策です。
ファームガーデン裏の道を北に向かって歩きます。すぐに国道に出ますので国道を渡って田園地帯へ。小学校、中学校を過ぎて湯舟川を渡れば旧街道筋です。
山名氏資料館のある法雲寺や明治時代の郡役所だった建物も民族資料館「まほろば」として公開されています。現在は、縄文早期の考古学資料が展示されています。
国道を渡れば、かつての陣屋跡だった御殿山公園があります。坂道を登り切った広場からは、神鍋高原へ続く山並みを眺望できる開放感一杯の所です。
まだまだ観光客の少ない地域です。のんびりと自分なりのまち歩きが楽しめます。

山名氏縁の地 村岡散策
《道の駅村岡ファームガーデン》→《徒歩約15分》→《村岡散策》→《徒歩約15分》→《道の駅村岡ファームガーデン》

山名氏資料館のある法雲寺
山名氏資料館のある法雲寺
民族資料館「まほろば」
民族資料館「まほろば」
御殿山公園(11月撮影)
御殿山公園(11月撮影)

商店街入り口
商店街入り口
紋のついた蔵
街角で見かけた
紋のついた蔵

木の殿堂~兎和野高原野外教育センター案内図

兎和野高原野外教育センター案内図
兎和野高原野外教育センター案内図

木の殿堂から兎和野高原野外教育センターにかけて散策路が整備されています。途中にはフィールドアスレチックもありますので子どもも十分に楽しめるコースです。
11:55木の殿堂で降りると帰りのバス14:55まで3時間滞在できます。天気の好い日に弁当をもって出かけてみてはいかがですか。

《木の殿堂バス停 11:55着》→《交流の森》→《兎和野の大カツラ》→《フィールドアスレチック》→《森の工作館》→《木の殿堂展望棟》→《木の殿堂》→《木の殿堂バス停 14:55》