兵庫県豊岡市・養父市・朝来市・香美町・新温泉町
ENGLISH 文字サイズ:

☆“たじまわる”鉱石の道号へのアクセス
〔JR和田山駅から乗車〕○京都駅 7:32(きのさき1号) ⇒ 和田山駅 9:16着 ○城崎温泉 7:58(普通) ⇒ 和田山駅 8:53着
〔JR生野駅から乗車〕 ○姫路駅 8:39(普通) ⇒ 生野駅 10:08着

〔帰り〕
○京都、大阪方面へ  八鹿駅 17:31(こうのとり24号)
○姫路、神戸方面へ  八鹿駅 17:45(はまかぜ6号)
○城崎方面へ     八鹿駅 17:31(こうのとり15号)、八鹿駅 18:26(普通)
*全但バスで城崎方面への帰りは 17:59(八鹿駅バス停から乗車)

坑道見学

  • 生野銀山、明延では、坑道内の見学が可能。夏でも坑内の温度は12,3度。Tシャツ1枚で入ると寒いくらい。上に羽織るものを持って行こう。

    【生野銀山】
    1200年の歴史を持つ、日本有数の大鉱山。江戸幕府の直轄鉱山として栄え、明治には日本初の官営鉱山となる。坑道の一部が一般公開されているほか、近代化の礎となった鉱山の歴史、鉱山標本を展示している。
    ◆料金:大人900円、中・高校生600円、小学生400円、小学生未満無料
    ☆たじまわる特別企画 現地ガイドが付いて坑道見学ができます。
    11:00 入場券売り場前に集合(ガイド料無料)

    【明延鉱山探検坑道】
    日本一の錫鉱山として栄えた明延鉱山。探検坑道内は露出した鉱脈、当時のままの線路が残り閉山まで使用していた車両系鉱山機械、削岩機など当時と同じ姿で展示、公開されている。見学は、ヘルメット着用。
    ◆料金:大人・高校生1200円、小・中学生600円

一円電車

  • 「一円電車」の愛称で親しまれ、昭和60年まで鉱山従業員の通勤や家族の買物の足として、明延~神子畑間を運行していた明神電車。
    運行日限定ですが、地元の有志の手によって特設線路での体験運行をしている。このかわいらしい電車の乗車料金は、今でも1円。運行日以外でも電車の見学は可能。
    運行日:8/6,8/13,8/20,8/27,9/3

神子畑鋳鉄橋、神子畑選鉱場跡

  • 神子畑鋳鉄橋は、鉱石を生野の精錬所へ運ぶため1886年(明治19年)頃に建設された橋全体が鋳鉄でできたアーチ橋で、日本に現存する鋳鉄橋では最も古いもののひとつ。国指定重要文化財。
     神子畑選鉱場は、明延鉱山で採鉱された鉱石の選鉱場として1919年(大正8年)に竣工。昭和に入ってから数度の拡張工事を経て、最盛期には「東洋一」と謳われた。

まち歩き

  • 【城下町竹田】-天空の城「竹田城跡」を仰ぐ城下町-
    古城山のふもと、4ヵ寺と表米神社が並ぶ寺町通りには、竹田城最後の城主赤松広秀を祀る供養塔などがあり、歴史散策路として親しまれています。
    旧木村酒造場をリノベーションした竹田城下町交流館内には、宿泊施設のENや「情報館天空の城」があり、竹田城に関する資料やグッズ販売のコーナーもあります。
  • 【明延】 -ヤマ男が集った日本一の錫鉱山-
    最盛期には4千人もの人々が暮らし、町にはスーパーや百貨店、理容店、総合病院、映画館などもあり、現代のニュータウンに匹敵する町であった。今でもノスタルジックな町並みが広がる鉱山町。宝探しをしているかのようなまち歩きを楽しめる。

その他の体験メニュー

  • 【生野銀山】
    ☆金・銀・錫のすくい採り体験 30分取り放題 体験料:700円  ☆天然石のすくい採り体験 15分取り放題 体験料:500円
    ☆シルバーアクセサリー手作り体験
    〔問〕銀細工体験工房 marie 090-6986-7376