兵庫県豊岡市・養父市・朝来市・香美町・新温泉町
ENGLISH 文字サイズ:

湯村温泉

  • 温泉街の中心にある「荒湯」。
    98°の高温の湯が沸き出していて湯つぼで玉子や野菜を湯がいて楽しめます。

    ○幸せの隠れハートを探せ
    街中に隠れているハートの形を見つけて携帯やカメラで撮影すると幸せになれるというもの。5個見つけて画像を湯村温泉観光協会で提示するとプレゼントがもらえます。

    ○湯村温泉まちあるき
    観光協会にまちあるき用のポケットマップを置いています。

    ◇女子旅向けコース(街の中のコースなので時間にあわせて行き先を選べます)
    杜氏館⇒荒湯で湯たまご体験⇒足湯でのんびり⇒ふれあい手形散歩道⇒お土産購入⇒なごみカフェ夢や(「なごみ」と「いやし」がテーマのくつろぎ空間)⇒リフレッシュパーク湯村
    そのほか、NHKドラマ「夢千代日記」の資料展示をしている「夢千代館」も見学できます。

    ☆“たじまわる”チケット提示の特典
    ・夢千代館、リフレッシュパークゆむら⇒1割引
    ・荒湯センター、とちせん⇒お土産品5%割引※一部商品を除く
    ・湯村温泉観光協会⇒「隠れハートを探せ」の参加者に記念品贈呈


但馬海岸遊覧船

  • 山陰海岸ジオパークの魅力を肌で感じるなら遊覧船が一番!遊覧船からは、数多くの海食洞や岬など日本海形成を物語る雄大な海岸地形を間近に楽しめます。グラスボートでコバルトブルーの海の中も楽しめます。
    ◆料金:大人1,600円、小人800円 ◆時間:約50分
    ※詳しくは但馬海岸遊覧船TEL0796-82-1904へ問合わせください。

山陰海岸ジオパーク館

  • 遊覧船乗り場の隣にある「山陰海岸ジオパーク館」はジオパークを理解する施設で、岩石や砂などについて体験学習ができる施設です。遊覧船の見学と合わせて学習するとジオパークの理解がより深まります。館内では、山陰海岸ジオパークを紹介する映像やジオパークの成り立ちを理解するための標本やジオラマなどを展示しています。船の苦手な方や、遊覧船が欠航した場合にはゆっくり楽しむことができます。

    ◇体験メニュー
    ・岩石の形の変化を見学することができます。
    ・石ころや砂と水の関係が体験できます。
    ・砂が鳴る理由や風紋のできる様子が体験できます。
    ・砂や貝殻などを使った砂絵作りなどが体験できます。

    ☆“たじまわる”チケット提示の特典
    ・「浜坂海岸の石ころや砂、貝殻」プレゼント



まち歩き

  • 浜坂の路地は、迷路のように曲がったり折れたりしています。
    まず、松林の前にある浜坂観光協会でまち歩き用のイラストマップをもらいましょう。

    ○あじわら小径散策(約60分/時間にあわせて短縮も可能です。)
    山陰海岸ジオパーク館から砂浜に伸びる遊歩道に従って歩くのが一番分かりやすい道順です。地図を見ながら加藤文太郎記念図書館を目印に旧浜坂漁港の船だまりを横目にしばらく歩くと「こいづ橋」があります。橋を渡るとあじわら小径につながるカラー舗装の道に出ます。ここから約500m整備された遊歩道が続きます。かつての繁栄を偲ばせる旧家や石垣が並ぶ静かな散策道です。約30分で味原川本流に出ますのでこの辺で引き返しましょう。初めての方は、来た道を戻るのが賢明です。

  • ○矢城ケ鼻灯台(片道約1.5Km 時間25分)
    近畿自然歩道「浜坂文学めぐりのみち」の一部です。山陰海岸ジオパーク館から西向きに海沿いの道を歩くと近畿自然歩道の案内標識があります。案内標識に従って歩くと約25分で矢城ヶ鼻灯台に到着です。展望台からは目の前に日本海の大パノラマが広がります。帰りは来た道を戻ります。

余部橋梁

  • 余部橋梁の東側(香住側)は、少し曲がっているのをご存じでしたか。これは旧余部鉄橋と平行して建設されていた新橋梁を在来線のトンネルの手前で接続するためS字になっています。
    最後の橋桁を接続する時は、橋桁の一部(長さ93m重さ3800t)を横に移動し、約5度回転させるというJR西日本が初めて採用した工法で接続されました。興味のある方は、道の駅の資料コーナーで映像での詳しく解説がありますのでご覧ください。

大乗寺

  • 天平17年(745年)に行基により開かれた古刹。江戸時代中期の画家、円山応挙とその一門による165面の障壁画があり、いずれも国指定重要文化財に指定されています。
    ☆たじまわるチケット提示の特典 内拝料800円⇒700円

香住鶴

  • -バスの旅ならではの楽しみ、試飲もOK-

    香住鶴の日本酒は、全て「生もと」又は「山廃」で醸しています。「酒蔵見学」では、日本酒のできるまでを分かりやすく解説してもらえます。最新の設備と伝統の秘技が調和した香住鶴の酒造りを体感できます。
    また、「試飲コーナー」では、市販酒から季節限定商品、オリジナル酒などいろいろなお酒の試飲が楽しめます。