兵庫県豊岡市・養父市・朝来市・香美町・新温泉町
ENGLISH 文字サイズ:
豊岡市香美町新温泉町養父市朝来市

山陰を代表する湯の郷

  • 湯村温泉

98度の熱泉が湧き出る源泉「荒湯」は湯村温泉のシンボル。 熱泉を利用した温泉たまご、足湯などが楽しめる人気スポット。ドラマで吉永小百合さんが主人公を演じた「夢千代日記」の舞台としても有名。最近は恋愛成就の「パワースポット」として注目を集めているよ!温泉街で5つのハートを探して写真撮影すると、記念品がもらえる!詳細は湯村温泉観光協会へ♪
◆新温泉町湯 湯村温泉街 (問)湯村温泉観光協会 0796-92-2000
>>関連ホームページへ

観光客の心を癒す湯村温泉の交流の場

  • ゆむら屋おばあかふぇ
ふる里に帰ってきたような心あたたまる交流の広場「ゆむら屋おばあかふぇ」は、笑顔が素敵で元気な「おばあ」たちが店番をする珍しいコンセプトのカフェ 。名物「栃おはぎ」は美方ルビーと呼ばれる地元産の美方大納言小豆と栃餅が合わさった自慢の逸品。
◆新温泉町湯82-1 (問)0796-92-2366
>>関連ホームページへ



テレビドラマ「夢千代日記」の展示館

  • 夢千代館

NHKテレビドラマ「夢千代日記」の舞台となったことから、以来「夢千代の里」として広く観光客に親しまれてきた湯村温泉。元々銀行だった建物を再利用した館内1階には、ドラマの中で描かれる昭和20〜30年代の懐かしい風景を再現したテレビセットが組まれている。
◆新温泉町湯80(問)0796-99-2300
>>関連ホームページへ


但馬杜氏の伝統の技を知る

  • 杜氏館

湯村温泉中心部にあり、酒造りの歴史がひと目でわかる「杜氏館」。「杜氏の里・新温泉町」を町内外にアピールしようと、酒造りで使われていた道具や資料などを紹介している。酒づくりに携わっていた元杜氏など経験者が分かりやすく、案内してくれる 。
◆新温泉町湯98-3(問)湯村温泉観光協会 0796-92-2000
>>関連ホームページへ


湯村温泉の源泉を利用した温泉公園

  • リフレッシュパークゆむら

湯村温泉にある日帰り温泉施設。水着で入る露天風呂は、野趣あふれる洞窟風呂、酒樽風呂、滝風呂などの趣向がこらされ、ほかに寝湯、打たせ湯などの健康風呂、屋内温水プールなどがある。本場の但馬ビーフが味わえるレストラン「楓」も併設している。
◆新温泉町湯1371(問)0796-92-2002 
>>関連ホームページへ


動物と自然にふれあう爽快フィールド

  • 但馬牧場公園

ターフスキーを楽しんだり、日本海が一望できる愛宕山頂で360度のパノラマを満喫できる。ウサギやヒツジなど、かわいい動物がいっぱいの動物ふれあい広場や本場但馬ビーフを味わえるレストラン、バーベキューハウス、芝生広場、但馬牛博物館などがある。
◆新温泉町丹土1033(問)0796-92-2641 
>>関連ホームページへ

西日本最大級のしだれ桜

  • 泰雲寺のしだれ桜

山陰の名湯・湯村温泉から車で5分の場所にある泰雲寺のしだれ桜。樹齢200年、高さ15m、幹まわり5mで、流れるような枝ぶりのしだれ桜が花をつけた様子は圧巻です。ぼんぼりに照らされた夜桜も趣がある。開花時期は例年4月上旬〜中旬頃。
◆新温泉町竹田1338(問)湯村温泉観光協会 0796-92-2000
>>関連ホームページへ

日本の白砂青松100選の美しいビーチ

  • 浜坂県民サンビーチ(松の庭)

山陰海岸国立公園にあり、日本の白砂青松100選にも選ばれ、夏は海水浴客で賑わう人気のビーチ。海水浴を楽しみながら、キャンプも楽しめる。美しい松林は通称「松の庭」と呼ばれ、イベントのステージや野外ギャラリーとしても活用されている。
◆新温泉町芦屋(問)浜坂観光協会 0796-82-4580
>>関連ホームページへ

世界ジオパークの海岸線を堪能

  • 但馬海岸グラスボート遊覧船

浜坂港から出航している但馬海岸遊覧船「いわつばめ」。世界ジオパークにも認定された、奇勝・奇岩が続く岸田川河口から香美町の伊笹崎までの海岸一帯を巡るコースで、大自然のダイナミクスを満喫することができる。海の上から見る海岸線は、陸から眺める景色とはまた違った魅力を発見することができるのでオススメ!
◆新温泉町芦屋 (問)0796-82-1904


山陰海岸ジオパークが学べる拠点施設

  • 山陰海岸ジオパーク館

山陰海岸ジオパークに関する資料展示、山陰海岸の地層をわかりやすく解説した模型をはじめ、エリア内のジオサイトの玄武岩や安山岩、凝灰岩など多種多様な岩石を展示している。様々な角度からジオパークについて体験的に学習することができる。
◆新温泉町芦屋水尻(問)0796-82-5222  
>>関連ホームページへ


鉄道ファン必見のアットホームな資料館

  • 鉄道グッズ館「鉄子の部屋」

ふれあいの場、鉄道ファンの集客などの機能を兼ね備えた"ふれあいサロン・鉄道グッズ館"としてJR浜坂駅駅舎内に開設。余部鉄橋や鉄橋を走る列車・SLの写真、60年前の鉄道員用路線図や機材・プレート・切符・模型など鉄道関連の資料を常設展示している。
◆新温泉町浜坂(問)浜坂観光協会 0796-82-4580
>>関連ホームページへ


浜坂駅前周辺のまち歩き拠点施設

  • まち歩き案内所「松籟庵」


JR浜坂駅前にある、駅の開業と合わせて建築された古民家をリフォームした観光案内所。駅利用者などへの観光案内の他、地域コミュニティ活性化のための活動拠点となる施設として生まれ変わった。内部には囲炉裏と掘りごたつ形式の休憩スペースがある。
◆新温泉町浜坂2351-1(問)0796-80-1126
>>関連ホームページへ



時代を魁た先人たちの息吹を感じる

  • 浜坂先人記念館「以命亭」

森家・七釜屋屋敷を改修したもので、吹き抜けの酒造を利用した以命亭ホールや、森藍尾コーナー、森梅園コーナーがあり、庭を望むと梅の木とともに、俳人の森梅園の句碑が建立されている。近くには加藤文太郎記念図書館もある。
◆新温泉町浜坂1208(問)0796-82-4490 
>>関連ホームページへ

浜坂の繁栄を伝えるせせらぎの小径

  • あじわら小径

江戸後期から縫い針業が盛んになると、浜坂の商業は隆盛を極めた。味原川のほとりにある「あじわら小径」には、町家や庄屋屋敷など、当時の面影を彷彿とさせる町並みが残っている。周辺には浜坂先人記念館「以命亭」や西光寺、温泉施設などがある。
◆新温泉町浜坂(問)浜坂観光協会 0796-82-4580
>>関連ホームページへ

可憐な白い花のじゅうたん

  • 田君川バイカモ公園

茎が水中にのびる梅花藻(バイカモ)は、きれいな水の指標といわれている。海岸から4kmほどの場所に群生するのは全国的にも珍しく、せせらぎに小さな花を咲かせ美しい景色を見せてくれる。毎年、初夏から梅の花に似た5弁の白い花を咲かせる。
◆新温泉町浜坂(問)浜坂観光協会 0796-82-4580
>>関連ホームページへ

夕陽、漁り火を望む絶景スポット

  • 城山園地

日本海が一望できる城山園地は、諸寄の町並みや港が眼下に広がる景勝地。美しい夕陽や漁り火の風景が眺められるスポットとして人気!恋人の聖地にも認定されており、デートスポットの一つになっている。
◆新温泉町芦屋(問)浜坂観光協会 0796-82-4580
>>関連ホームページへ



清らかな水で打たれた本格十割そば

  • 春来そば

地域活性化の取り組みとしてオープンした「そば処 春来てっぺん」。山のてっぺんにある春来は清水が湧き出る場所であり、そばの味は抜群。地元の生産組合がそばを育て、自慢の十割そばを提供している。毎年11月上旬には新そばまつりを開催。
◆新温泉町春来1318(問)0796-92-2770
>>関連ホームページへ


洞窟の中に落ちる美しい名瀑

  • シワガラの滝

扇ノ山にある落差10mの滝。全国でも珍しい洞窟の中にあり、白布を垂らしたように落ちる姿は神秘的で美しい。昔は女人禁制で、ここで修験者が修行したといわれている。
◆新温泉町海上 (問)湯村温泉観光協会 0796-92-2000


エコミュージアムは地域まるごと生きた博物館

  • 上山高原エコミュージアム

扇ノ山山麓に広がる上山高原は、原生的なブナの森と人の営みの中で育まれてきたススキ草原があり、イヌワシやツキノワグマに代表される貴重で多様な生態系を維持している。上山高原ふるさと館は活動拠点として、上山高原周辺地域の自然や生物を紹介している。
◆新温泉町石橋757-1(問)0796-99-4600
>>関連ホームページへ


日本初の昆虫化石博物館

  • おもしろ昆虫化石館

国内有数の化石産出地・新温泉町にある日本初の昆虫化石博物館。自分自身で化石を見つけることもできる体験型の学習・見学施設。主に旧温泉町内の昆虫の化石を中心に展示している。化石ヒストリーなどのコーナーがあり、わかりやすく紹介されている。
◆新温泉町千谷850 (問)0796-93-0888
>>関連ホームページへ

但馬観光協議会  兵庫県豊岡市幸町7-11(兵庫県但馬県民局内) TEL.0796-26-3686

HOME  | 地図から探す  | テーマから探す  | エリアから探す  | モデルコースから探す  | アクセス  | blog

Copyright© 2010 Tajima Tourism Association