兵庫県豊岡市・養父市・朝来市・香美町・新温泉町
ENGLISH 文字サイズ:

豊岡市香美町新温泉町養父市朝来市

氷ノ山(ひょうのせん)
氷ノ山(標高1,510m)は、「兵庫の屋根」あるいは「関西の主峰」と呼ばれ、登山家をはじめ多くの人々に愛されている山であり、西日本屈指のスキーのメッカでもあります。

また、日本でも数少なくなったイヌワシの生息地としても知られており、野生・自然が多く残っている県下最高峰の聖地として神話や伝説なども多く残されています。
イヌワシ、クマ、数々の野鳥、ブナ・ミズナラの原生林をはじめ頂上近くの古生沼(湿原)には県指定天然記念物の高山植物群があり、千年杉・こしき岩・みたらしの池・トウロウ岩・ドウダンツツジの群生も有名です。

毎年開催されている「氷ノ山・鉢伏山紅葉登山フェスティバル」では、鉢伏山コース、東鉢伏山コース、氷ノ山コースに分かれ、極彩色の風景を眺めながら、山登りを楽しむことができます。
※詳細はやぶ市観光協会氷ノ山鉢伏支部ホームページをご参照ください。
氷ノ山(ひょうのせん)
場所:氷ノ山

アウトドアスポーツのメッカ
鉢伏高原は、氷ノ山後山那岐山国定公園に属する高原で、標高は800m前後。近畿地方におけるアウトドアスポーツのメッカとなっていて、夏はパラグライダーや林間学校が行われます。そして冬になると、ハチ高原スキー場は多くのスキーヤーやスノーボーダーで賑わいます。広大なスケールを誇るゲレンデでは造雪機を導入し、天気なんか気にせずにガンガンすべることができます。初級から中級者向けのコースが多く、誰でも楽しむことができます。付近には民宿が集まっており、鴨肉と新鮮野菜を「鉢伏鍋」が名物。ウィンタースポーツ疲れた体を温め、癒してくれます。
鉢伏高原
場所:兵庫県養父市

「日本の滝100選」に数えられる大名瀑
天滝渓谷入口の駐車場から、渓流沿いの遊歩道を約1.2Km登ると、突然目の前に白い水の柱が現れます。まさに、天から降るかのように流れ落ちるこの滝こそ、落差98mと県下一を誇る名爆「天滝」です。この天滝は、その荘厳で力強い姿と滝にまつわる伝説などから「日本の滝100選」に選定されています。また、天滝までの渓谷には、夫婦滝、鼓ヶ滝、糸滝などの滝群があり、春の新緑、秋の紅葉を背に落ちる滝、厳寒に凍る滝、四季折々楽しい姿を見せます。この天滝渓谷には、森林浴場として「森林浴の森100選」や「兵庫県森林浴場50選」にも指定されています。
11月には「天滝もみじ祭り」が開催され、バザー、特産品販売コーナーが設けられ多くの人々が渓谷の秋を満喫します。
横行渓谷は養父市大屋町から氷ノ山に登るコースにある渓谷です。県下最高峰の氷ノ山は1,510mを誇り、四季の大自然が見どころ。春は山菜狩り、夏は登山、秋は渓谷の紅葉が美しく、冬はスキーも楽しめます。山頂付近にはブナの原生林が美しく、県指定天然記念物の古生沼には、珍しい動植物が棲息しています。横行渓谷には、平家の落人の伝説を秘める「平家ヶ城跡」や「姫が淵」と呼ばれるところがあり、ほのかなロマンを漂わせています。特に秋の紅葉は素晴らしく、ハイキングコースには最適です。
天滝
場所:兵庫県養父市大屋町筏


但馬観光協議会  兵庫県豊岡市幸町7-11(兵庫県但馬県民局内) TEL.0796-26-3686

HOME  | 地図から探す  | テーマから探す  | エリアから探す  | モデルコースから探す  | アクセス  | blog

Copyright© 2010 Tajima Tourism Association