兵庫県豊岡市・養父市・朝来市・香美町・新温泉町
ENGLISH 文字サイズ:

blog - 最新エントリー

史跡 生野銀山の坑道でなどで展示されている坑夫たちのマネキン人形が、
アイドルグループ「GINZAN BOYZ(銀山ボーイズ)」となってインターネットの特設サイトに登場!!

デビューシングル「ギンギラ銀山パラダイス」をリリース。
生野銀山に行けばいつでも彼らに会えます。

★特設サイト:http://www.ikuno-ginzan.co.jp/ginzan-boyz/

・生野銀山へは、“たじまわる鉱石の道号”が8月、9月の土日祝日に運行しています。

解体修理中の時計台「辰鼓楼」の大時計の文字盤が取り外され、
豊岡市立図書館出石分館で展示されています。
公開は、8月いっぱいの予定。

観光客の方も出石のシンボルを間近で見られるまたとないチャンスです。

豊岡市立図書館出石分館(兵庫県豊岡市出石町内町1)
・休館日(火曜日、8/11,8/31)

★出石へは、“たじまわるプレミアム”が土、日、祝日に運行しています。


展示の様子
八角形の銅板の飾りを含めると190cmあります。

たじまわる”に乗って素敵なプレゼントを当てよう
~出会い・感動~夢但馬キャンペーン特別プレゼント企画実施中

キャンペーン期間:平成29年7月1日~11月30日

キャンペーン期間中に“たじまわる”に乗ってアンケートに答えていただくと、但馬の素敵なプレゼントが当たります。

  • tajimatabi_admin
  • 2017年07月14日 19時53分
  • トラックバック()
  • 閲覧 ()

兵庫県、養父市、鳥取県、若桜町では、両県にまたがる氷ノ山を活用した鳥取・兵庫県際交流推進事業を進めているところですが、この度、氷ノ山越境登山マイカー回送サービスを8月11日から開始します。

普段は、なかなか反対側の登山口に降りることはできませんが、マイカー回送サービスを利用すれば、両県の観光地を訪ねることも可能となります。

今年から「山の日」が新たな祝日となり、山に親しむ機会として、両県をまたぐ登山を楽しむのはいかがでしょうか。

 

1 実施期間:平成28811日~1030日の日曜日・祝日(要予約)

2 回送区間:兵庫県側:ハチ高原交流促進センター

       鳥取県側:氷ノ山自然ふれあい館 響の森

3 受渡時間:お預け:600800/お受取:13001600

4 回送代金:1台あたり10,000円(普通免許で運転できる車に限ります)

5 申込方法:(1)インターネット http://www.yabulovewalker.com/forwarding_service/
       (2電話申込み 平日:若桜町産業観光課 0858-82-22389:0017:00
     その他の時間:()鳥取代行 0857-54-1000

6 モデルコース

  〈鳥取県側〉                              〈兵庫県側〉

  氷ノ山自然ふれあい館 響の森~ 氷ノ山越 氷ノ山 氷ノ山越 小代越~ ハチ高原交流促進センター

  詳しくは、別添のチラシをご覧ください。


 

  • 但馬観光協議会
  • 2016年08月11日 10時53分
  • トラックバック()
  • 閲覧 ()

「フットパス(Footpath)」という言葉を聞いたことがありますか?

「イギリスを発祥とする『森林や田園地帯、古い街並みなど地域に昔からあるありのままの風景を楽しみながら歩くこと【Foot】ができる小径(こみち)【Path】』のこと」で、広義にはこのみちを歩くことも含まれます。
「ありのままの風景を歩いてもらう。」自分たちもこれまで大切にしてきたことだ、という人も多いのではないでしょうか。
ともすれば、車がないと行きづらい、交通が不便だと思われがちな但馬。
「交通が不便」ではなく、「歩くのが楽しい但馬」をもっと知ってもらいましょう!
そんなフットパスの意義や可能性を共有するため、以下のとおりフットパスセミナーを開催します。
ぜひご参加ください。
■日 時:平成28年6月13日(月) 13:45~16:00(受付13:15~)
■場 所:豊岡市民会館4階大会議室(〒668-0046 豊岡市立野町20-34)
■参加費:無料
■定 員:60名程度
■対 象:ウォーキングやサイクリングを通じた観光・地域づくりに取り組む個人・団体
      またはこれらの活動に興味のある個人・団体
■申込方法:申込用紙によりFAX、メールにてお申し込みください。(申込期日:6月3日(金))
■セミナー内容
(1)パネルトーク
 『歩くことで活性化したまちの話』
  ・ 神谷 由紀子(かみや ゆきこ)さん
日本フットパス協会理事、NPO法人みどりのゆび理事兼事務局長
  ・ 尾留川 朗(びるかわ あきら)さん
日本フットパス協会理事、NPO法人みどりのゆび副理事長、総務省地域力創造アドバイ
ザー、元・町田市経済観光部長)
(2)グループトーク
 『こんな風に楽しんで欲しい!私たちの道』
  各地の取組み、目指す姿を参加者同士で情報交換、共有します。
 
  • 但馬観光協議会
  • 2016年05月16日 10時50分
  • トラックバック()
  • 閲覧 ()