兵庫県豊岡市・養父市・朝来市・香美町・新温泉町
ENGLISH 文字サイズ:
豊岡市香美町新温泉町養父市朝来市

兵庫の屋根!近畿トップクラスの自然の宝庫

  • 氷ノ山(ひょうのせん)

氷ノ山(標高1,510m)は、「兵庫の屋根」あるいは「関西の主峰」と呼ばれ、登山家をはじめ多くの人々に愛されている山であり、西日本屈指のスキーのメッカでもある。日本でも数少なくなったイヌワシの生息地としても知られており、野生・自然が多く残っている県下最高峰の聖地として神話や伝説なども多く残されているスポット。毎年開催されている「氷ノ山・鉢伏山紅葉登山フェスティバル」では、鉢伏山コース、東鉢伏山コース、氷ノ山コースに分かれ、極彩色の風景を眺めながら、山登りを楽しむことができる。
◆養父市 氷ノ山 (問)やぶ市観光協会氷ノ山鉢伏支部 079-667-3113
>>関連ホームページへ

日本の原風景

  • 別宮の棚田

鉢伏山の中腹に広がる棚田。兵庫の屋根・氷ノ山を正面に望む景勝地!カメラを忘れずに♪
◆養父市別宮 (問)やぶ市観光協会氷ノ山鉢伏支部 079-667-3113
>>関連ホームページへ

アウトドアスポーツのメッカ

  • 鉢伏高原

鉢伏高原は、氷ノ山後山那岐山国定公園に属する高原で、標高は800m前後。近畿地方におけるアウトドアスポーツのメッカとなっていて、夏はパラグライダーや林間学校が行われる。そして冬になると、ハチ高原スキー場は多くのスキーヤーやスノーボーダーで賑わいを見せる。初級から中級者向けのコースが多く、誰でも楽しむことができると人気。付近には民宿が集まっており、鴨肉と新鮮野菜を「鉢伏鍋」が名物。ウィンタースポーツで疲れた体を温め、癒してくれるよ!
◆養父市 鉢伏高原 (問)やぶ市観光協会氷ノ山鉢伏支部 079-667-3113
>>関連ホームページへ

日本の滝100選に数えられる大名瀑

  • 天滝

天から降るかのように流れ落ちる迫力!その荘厳で力強い姿は圧巻で、落差98mと県下一を誇る。また、天滝までの渓谷には、夫婦滝、鼓ヶ滝、糸滝などの滝群があり四季折々楽しい姿を見せる。11月には「天滝もみじ祭り」が開催され、バザー、特産品販売コーナーが設けられ多くの人々が渓谷の秋を満喫する。
◆養父市大屋町筏 (問)大屋観光案内所 079-669-1104
>>関連ホームページへ


日本一の錫の鉱山

  • 明延鉱山・探検坑道

奈良・東大寺の大仏鋳造の際に、明延産出の銅が使用されたと言い伝えが残る古い鉱山。明治42年に錫鉱が発見されて、「日本一の錫の鉱山」として栄えた。昭和62年に閉山したが、探検坑道ではむき出しの岩肌や地面、削岩機など、当時のままの姿を見学することができる。
◆養父市大屋町明延 (問)あけのべ自然学校 079-668-0258
>>関連ホームページへ


マッチ箱のようなかわいい電車

  • あけのべ一円電車

昭和20年から昭和60年まで鉱山従業員の通勤電車として、利用されていた明神電車は昭和4年に開通。明延~神子畑間を運行していた。昭和27年、1日の乗降数を数えやすくするために乗車料が1円となり、「一円電車」の愛称で親しまれた。
◆養父市大屋町明延(問)あけのべ自然学校 079-668-0258 
>>関連ホームページへ


ウォータージャンプが人気のアウトドアスポット

  • 若杉高原おおやスキー場

若杉高原では夏でもウインタースポーツを楽しめる!スキー、スノーボードでジャンプするBAGJUMPとウォータージャンプ。その他サマーゲレンデ、キャンプ場、ドッグランなど、自然あふれる高原でめいっぱい楽しめる。場内に温泉もあり。
◆養父市大屋町若杉99-2(問)079-669-1576 
>>関連ホームページへ

日本一高い場所にある三重塔

  • 名草神社

標高1,139mの妙見山の中腹、標高800mの場所にある国指定文化財の名草神社。本殿手前にある国指定重要文化財の朱塗りの三重塔は、出雲大社の大改修にあたり妙見杉を提供したお礼に、寛文5年(1665年)に出雲大社にあった三重塔を贈られたもの。日本一高い場所にある三重塔としても有名。
◆養父市八鹿町石原(問)やぶ市観光案内所 079-663-1515
>>関連ホームページへ

アートのまちで芸術にふれる

  • おおやアート村 BIG LABO

養父市大屋町は多くの芸術家が移り住んでいるアートのまち。旧高校を利用した拠点施設・BIG LABOでは手作りの体験が楽しめる創作棟(木造校舎)や展示場(体育館)やアトリエがある。BIG LABOから一望できる「大屋富士」にあてはめると「富士男校長」が出現する記念撮影スポットあり。プロの芸術家によるワークショップも開催されている。
◆養父市大屋町加保7 (問)おおやアート村BIG LABO 079-669-2449
>>関連ホームページへ


樹齢千年、出石藩主も遊覧した「仙桜」

  • 樽見の大桜

樹齢千年といわれ、樹種はエドヒガン、樹冠は約3.8アールもあり、桜の古木としては県下第一といわれている。文人墨客の訪れがあとを絶たず、かつての出石藩主・小出備前守も遊覧したとされ、古くから広く人々に知られ、親しまれている。
◆養父市大屋町樽見(問)やぶ市観光案内所 079-663-1515 
>>関連ホームページへ


昔の養蚕農家を見学しよう!

  • 上垣守国養蚕記念館

日本の養蚕に大きな業績をのこした上垣守国を顕彰して建てられた施設。昭和初期の養蚕住宅を復元し、当時の養蚕農家の暮らしぶりを伝えている。敷地内にあるかいこの里交流施設では桑うどんなどが楽しめる。
◆養父市大屋町蔵垣246-2(問)かいこの里交流施設 079-669-1580 
>>関連ホームページへ


豊かな川や里で自然と親しむ

  • あゆ公園

あゆ特定漁場の大屋川近くにある水と魚の体験公園。水遊びや魚のつかみ取り、釣りなどができ、とったあゆやマスはログハウス風の休憩所、「川の家」で塩焼きにして食べることもできる。レストランもあり、地元の食材を使ったランチバイキングが人気。
◆養父市大屋町加保582(問)079-669-1822 
>>関連ホームページへ


古民家を改装したアートギャラリー

  • 分散ギャラリー養蚕農家

築150年以上の中3階建て住宅の養蚕農家を改装利用したアートギャラリー。養蚕農家のまち並みを残す大杉地区にあり、周辺には他にも養蚕農家を改装したレストランやホテルもある。ギャラリーにはカフェもあり、ゆっくりとした時間が過ごせる。
◆養父市大屋町大杉1074(問)079-669-0026 
>>関連ホームページへ

木彫フォークアートに出会える
全国で唯一の美術館

  • 木彫展示館

築120余年の診療所だった旧栃尾医院邸を改装した木彫フォークアート作品の展示館。養蚕住宅が残る大杉地区を散策するのもオススメ。
◆養父市大屋町大杉826(問)木彫展示館 079-663-8070
>>関連ホームページへ


ミズバショウの日本西南限地

  • ミズバショウ公園

加保坂峠の湿地に約2,000株が可憐な花を咲かせるミズバショウ。約1万年前前の氷河期からの遺存種で、日本南西限の自生地とされている。見頃は4月中旬~5上旬。
◆養父市大屋町加保坂 (問)やぶ市観光案内所 079-663-1515 
>>関連ホームページへ


戦後を代表する作家・山田風太郎の足跡

  • 山田風太郎記念館

作家・山田風太郎氏の業績を讃え、出身である養父市関宮に建てられた記念館。外観は蔵風の建物に欧風の窓やレンガの意匠が施されている。館内では、創作ノートや生原稿、初版本百点の収などを展示。また、愛用の机やいすで仕事場が再現されている。
◆養父市関宮605-1 (問)079-663-5522
>>関連ホームページへ


但馬五社のひとつ、紅葉の名所

  • 養父神社

但馬5社のひとつに数えられる神社で、古くから「養父の明神さん」と呼ばれ、農業の神として地元の人に親しまれてきた。また、農耕に必要な牛の売買が養父神社の管理下にあったことから、牛の神様もお祀りしている。秋には紅葉の名所としても有名。
◆養父市養父市場840(問)079-665-0252 
>>関連ホームページへ


ホタルが乱舞する自然豊かな里

  • ほたるの里


兵庫県のゲンジボタル保護区に指定されている養父市奥米地「ほたるの里」では6月中旬~下旬にかけて一帯にほたるが乱舞し幽玄の世界に誘う。毎年、ホタルが乱舞する季節には祭りが開催される。お食事処や宿泊施設もあり、さまざまな自然体験ができる。
◆養父市奥米地773 (問)079-665-0588 
>>関連ホームページへ



古代生活を体験する施設

  • 石ヶ堂古代村

古代人の生活や農業体験を満喫しよう!トイレやシャワー室、キャンプファイヤー広場、登山コースも整備され、自然の中でレクリエーションが楽しめる。オートキャンプ、バンガローなどがあり、野外でのバーベキューもできる。
◆養父市森16-17(問)079-666-0366 
>>関連ホームページへ


山名四天王八木氏の居城

  • 但馬八木城跡

標高330mの市にあり、竹田城跡や山名氏の此隅山(このすみやま)城跡と並ぶ、但馬の代表的な山城。山名氏天皇の八木氏が戦国時代に使った土城と、秀吉によって任命された別所重宗・吉治2代の大名によって改修された八木城、殿屋敷の3カ所を八木城跡とする。関ヶ原の合戦で石田三成に加担したため廃城となった。
◆養父市八鹿町八木 (問)やぶ市観光案内所 079-663-1515